2012 一覧

第91回カットコンクール優秀作品「Tears in Crystal」


作品名:「Tears in Crystal」
作者:アンリ・ルノール【フランス】

 これは神秘作品の一つなり。水晶達が流す涙が新しい水晶達を創り出しているという神秘さよ。一見、芯の無い鉛筆が煙に蒸された結果、涙を流しているように見えてしまう点は否めないが、その神秘性には心打たれる作品なり。流している涙は悲しみによるものではなく、喜びの涙であることは明白なり。そして、そこから生まれている水晶群は、どことなく笑っているようにも見える。「笑う事も泣くことも同じですよ」というメッセージが聞こえてくるような作品なり。巨大水晶は一体どのように生えているのか?等、考えれば考えるほど質問をしたくなるほどのパンチ力を持っているので今回の優秀作品にしましたよ。(しのび君)


5段階の星の数であなたの評価をお願いします。頂ける星数の★をクリックしてください。あなたの評価に祝福を。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (あなたが最初の投票者になります♩)
Loading...

あなたの応援の1クリックが私たちの協会運営の糧です。クリックであなたに幸あれ(協会員一同)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

第90回カットコンクール優秀作品「ビッグスマートフォン」

作品名:「ビッグスマートフォン」
作者:サティシュ・サキヤ【ネパール】

 ほほぅ、これは何とも大きな装置ですな。一見、ビルのような建物かと思ったが、スマートフォンの大き目のやつのようですな。地球上で進化し大きくなったクジラのように、スマートフォンも進化して大きくなっていくという進化論への一つの提案を感じさせる作品。下にいる女性的な存在が操作をしているが、窓を拭いているようにしか見えない点はご愛嬌。様々な魅力的だったり、そうではなかったりするアイコンがあるが、上の方はどのようにタッチするのかと思いきや、しっかりと少々雑ではあるが、ハシゴ的なモノが用意されていて一安心。支えているアタッチメントも何となく頼りなさげだが、安定感はばっちりに工夫されていますな。そんな工夫心に感銘を受けたので、今回の優秀作品にしたのですよ。(教頭)


5段階の星の数であなたの評価をお願いします。頂ける星数の★をクリックしてください。あなたの評価に祝福を。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (あなたが最初の投票者になります♩)
Loading...

あなたの応援の1クリックが私たちの協会運営の糧です。クリックであなたに幸あれ(協会員一同)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

第89回カットコンクール優秀作品「キャンプin動物園」

作品名:「キャンプin動物園」
作者:ステファン・ハミッド【スウェーデン】

 何ともワイルドでありながら、楽しげな作品だ。たくさんの動物達に囲まれた中でキャンプをしたいという作者の心意気が実によく表れている。動物達も笑顔だし、キャンプの中にいるネクタイと短パンがよく似合っている両手を挙げて喜びを表している中性的な人物もいい笑顔をされている。よく見ると動物達の描き方が雑であり、サイズや遠近感もバラバラなイメージは否めないし、動物園というよりは草原の中にいる感も否めないが、楽しさには圧倒されてそんな事はどうでもよくなってくる。更によく見ると、私の姿のモチーフになっているパンダはデパートや遊園地的な施設にあるパンダ乗り物に見えるし、向かって右下にいる若干しゃくれている生命体は何とも不思議なアトランティス時代にいたような動物をイメージさせてくれる点が吉よ。全体的にただ楽しいだけの作品。パンダのしっぽを正確に白く描いている点も吉なので、今回の優秀作品に一点の曇りなく決定した。(パンダ会長)


5段階の星の数であなたの評価をお願いします。頂ける星数の★をクリックしてください。あなたの評価に祝福を。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 票, 平均: 3.00 out of 5)
Loading...

あなたの応援の1クリックが私たちの協会運営の糧です。クリックであなたに幸あれ(協会員一同)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

第88回カットコンクール優秀作品「豆用イス」

作品名:「豆用イス」
作者:イスミル・ラージャ【アブダビ】

 豆が座るイスという斬新なイス作品なり。大きい豆用とも言えるし、小さい豆用として見る事もできるが、いずれにせよ豆に座っていただくという律儀さが溢れているイスなり。しっかりとシートベルトも備え付けられていて、下に落ちないような工夫が施されている点も何とも斬新であり、工夫心が半端無い。まさに工夫作品の一つだ。豆は一粒だけではなくたくさんのグループでいることが多いが、このイスはきっと一粒一粒の豆達に一台づつ用意をしているのだろう。そう考えると、かなり手間が掛かりそうな予感なり。イスに乗せた後、一体どうするのだろうか?という知りたいという事への一つの挑戦状的な作品なので、今回の優秀作品にしたなり。(しのび君)


5段階の星の数であなたの評価をお願いします。頂ける星数の★をクリックしてください。あなたの評価に祝福を。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (2 票, 平均: 4.00 out of 5)
Loading...

あなたの応援の1クリックが私たちの協会運営の糧です。クリックであなたに幸あれ(協会員一同)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

第87回カットコンクール優秀作品「木が生えた僕」

作品名:「木が生えた僕」
作者:ジョルジオ・ラボスキー【イタリア/ナポリ】

 ほほぅ、これは何とも驚きな作品ですな。なんとも誇らしげなよい顔をされた少年の頭に木が一本生えましたよという作品。地球時間でかなりの時間が掛かったと思われるが、その間どのように生活をしていたのかは神秘。若干の得意げな自信満々の顔と木のたくましさがマッチしていますな。「木は木として満足しています。僕も僕として満足したい。」という気持ちの表れのような作品。木の栄養素は、毛生え薬的なものではなく、木だけに、さしずめこの少年の「気」であろう。木と頭の位置が半端無くフィットしているので、今回の優秀作品に選んだのですよ。(教頭)


5段階の星の数であなたの評価をお願いします。頂ける星数の★をクリックしてください。あなたの評価に祝福を。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (あなたが最初の投票者になります♩)
Loading...

あなたの応援の1クリックが私たちの協会運営の糧です。クリックであなたに幸あれ(協会員一同)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

第86回カットコンクール優秀作品「キャンドルペン」


作品名:「キャンドルペン」
作者:リチャード・レインズ【アメリカ/フロリダ州】

なかなかアイデアのある作品の一つだ。キャンドルとペンが一体化しているというアイデア作品。実際に使ったらこれはひとたまりもないペンだろう。書き続けていると徐々に炎が迫ってくるというハラハラドキドキ感よ。一見、ロケット的な乗り物の風貌を持っているが、それもまたよし。明らかに「ロケット鉛筆」という入ったものが次に出されるという概念とは異なっているし、HBという濃さが描かれているので救われたと言わざるを得ない。ストライプの模様がこじゃれているので、今回の優秀作品とした。(パンダ会長)


5段階の星の数であなたの評価をお願いします。頂ける星数の★をクリックしてください。あなたの評価に祝福を。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (2 票, 平均: 4.00 out of 5)
Loading...

あなたの応援の1クリックが私たちの協会運営の糧です。クリックであなたに幸あれ(協会員一同)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

スポンサーリンク