第144回カットコンクール優秀作品「星月」

star_moon作品名:「星月」
作者:ヨセフ・ウェンツェル【リヒテンシュタイン】

 とても久しぶりの更新になってしまった。しばらくの間地球領域と第5次元世界とのゲートの繋がりが閉じていたのです。再びこのタイミングで地球領域世界との交信が復活したので、交信だけに更新なんです。今回はとてもシンプルな作品ですな。三日月ならぬ月に星型が表れている星月だ。一体どんな仕組みで星型が表れたのかは、恐らく秘伝のレシピ的な秘密があるのであろう。ロマンチックに星型と呼んでもいいし、磯っぽくヒトデ型として捉える事もできそうだ。ピースをしているように見えるが、よく見るとウサギのシルエットになっているところが吉。「自分らしく表現をしていくだけで人生はシンプルになるものですよ」と言うメッセージが込められていそうな作品。月の顔が以外にも中央に寄っている点が赤ちゃんっぽくてかわいいので、今回の優秀作品に私の気持ちでさせていただいた。(パンダ会長)


5段階の星の数であなたの評価をお願いします。頂ける星数の★をクリックしてください。あなたの評価に祝福を。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (4 票, 平均: 4.00 out of 5)
Loading...

あなたの応援の1クリックが私たちの協会運営の糧です。クリックであなたに幸あれ(協会員一同)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す