第14回カットコンクール優秀作品「宇宙カメラ」


作品名:「宇宙カメラ」
作者:ミシェル・フルー【フランス】

なんとも不思議な作品だ。一見迫力があるだけの作品に感じたが、よく観察してみるとカメラのレンズに宇宙が写っているようだ。これは逆カメラと呼べる手法を取り入れた作品だ。通常はファインダー越しに情景を写すのがカメラなのだが、レンズ側から撮影者である女性を実は映すと、そこには宇宙が広がっているという、人間の内面を象徴的に描いているようだ。レンズの中にはいろんなものが写っていて楽しそうだ。宇宙人的なものもいるが、これはきっと作者の自我(エゴ)を描いているのかもしれないとおぼろげに思わせる。レンズの隣にある、ずさんな遠近法を用いているのか、それともピラミッド状のものなのか、興味が注がれるモノが描かれているのが吉。これまた話題が尽きない作品なので、今回の優秀作品に選んだ(パンダ会長)


5段階の星の数であなたの評価をお願いします。頂ける星数の★をクリックしてください。あなたの評価に祝福を。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (3 票, 平均: 5.00 out of 5)
Loading...

あなたの応援の1クリックが私たちの協会運営の糧です。クリックであなたに幸あれ(協会員一同)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す