第149回カットコンクール優秀作品「犬魚」

作品名:「犬魚」
作者:アンドレア7世【モナコ】 

 これは何ともかわいらしいような謎が多いような作品が届きましたな。人魚ならぬ犬魚とは、犬のしっぽが魚の尾になっているという生命体よ。何となくだが、魚の種類は金魚のようでもあるが、模様がダルメシアンのような、そうでも無いような微妙な駄作感が心地よく響いている。謎の生命体は世の中に様々な伝承で伝えられているが、全ては人類全体の中から育まれた存在達の表れであり戯れ。「どんな可能性もまずは想像力から始まり、それが創造されていく原動力である」という半端ないメッセージがこの作品から伝わってくる。立派な眉毛も半端ないので今回の優秀作品にしたのですよ。(パンダ会長)  


5段階の星の数であなたの評価をお願いします。頂ける星数の★をクリックしてください。あなたの評価に祝福を。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 票, 平均: 5.00 out of 5)
Loading...

あなたの応援の1クリックが私たちの協会運営の糧です。クリックであなたに幸あれ(協会員一同)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す