第18回カットコンクール優秀作品「ファンタジーポット」


作品名:「ファンタジーポット」
作者:ヤン・ファン・ハウアー【オランダアムステルダム】

ファンタジーという名が相応しいかどうかは捉え方次第という作品だ。私はこれは私が捉えるファンタジーと一致している。何らかのお茶か水を入れるポットのような容器の中で水泳をしている様子が滑稽。しかも、その中にイルカのようなサメのような生命体がいるが、私は口の部分が出ているのでバンドウイルカ的な生命体に一票を投じたい気にかられて仕方が無し。少々雑だが湯気のようなものが出ているので、暖かい水という安心感。イルカの平均サイズは3メートルだと言われる。なので、泳いでいる人の身長は必然的に3メートルほどあるように思えてしまう。その辺のサイズ感が乏しい作品なのか、オランダ出身なので身長が実際に高い空気感。ハシゴを使って入った様子もあり。ポットはきっと透明なやつなのだろうか。一体どのように作ったのか、職人の立派さが伝わる作品だ。持つところも持ちやすそうなことがほっとする点から、今回の優秀作品に決定した。(パンダ会長)


5段階の星の数であなたの評価をお願いします。頂ける星数の★をクリックしてください。あなたの評価に祝福を。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (2 票, 平均: 5.00 out of 5)
Loading...

あなたの応援の1クリックが私たちの協会運営の糧です。クリックであなたに幸あれ(協会員一同)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 増三(人間界住民) より:

    最近ここのブログを知りました。毎日楽しみにしております。
    いつか私もイラストを投稿してみたいと思っています。因みに今日のオランダ人の投稿作品ですが、ビート板で泳ぐには少々狭い空間だし、ビート板なら先が丸いはずですよね。だとしたら、あれは単なるビート板ではなく水の中でも浮かぶ防水型モバイルかもと思いました。泳いでいる人が微かに笑っているからお気に入りのサイトでも見ているんだと思います。

  2. オカシック協会 より:

    ほほ~。その鋭い観察眼に祝福を。未来型小型防水装置的なものを見ているという可能性を示唆するコメントだ。確かにお気に入りのホームページを見ているような笑顔をしているようにも見える。いずれにせよ実に楽しげでミステリーに溢れたイラストだ。(パンダ会長)

コメントを残す