第91回カットコンクール優秀作品「Tears in Crystal」


作品名:「Tears in Crystal」
作者:アンリ・ルノール【フランス】

 これは神秘作品の一つなり。水晶達が流す涙が新しい水晶達を創り出しているという神秘さよ。一見、芯の無い鉛筆が煙に蒸された結果、涙を流しているように見えてしまう点は否めないが、その神秘性には心打たれる作品なり。流している涙は悲しみによるものではなく、喜びの涙であることは明白なり。そして、そこから生まれている水晶群は、どことなく笑っているようにも見える。「笑う事も泣くことも同じですよ」というメッセージが聞こえてくるような作品なり。巨大水晶は一体どのように生えているのか?等、考えれば考えるほど質問をしたくなるほどのパンチ力を持っているので今回の優秀作品にしましたよ。(しのび君)


5段階の星の数であなたの評価をお願いします。頂ける星数の★をクリックしてください。あなたの評価に祝福を。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (あなたが最初の投票者になります♩)
Loading...

あなたの応援の1クリックが私たちの協会運営の糧です。クリックであなたに幸あれ(協会員一同)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. ian より:

    「笑う事も泣くことも同じですよ」というメッセージ・・・
    うおお。確かに・・。
    あっちとこっちの世界にも似てますねえ。
    神秘的な涙ステキですっ♡

    巨大水晶・・円のふちから内側に向かって生えている図?
    がぼぼぼんっと来ました。苦笑

    お邪魔しました〜♪

コメントを残す