第54回カットコンクール優秀作品「謎の洞窟」

作品名:「謎の洞窟」
作者:ワット3世【スコットランド】 

 ほほぅ。これは謎多き作品ですな。ひょろっとした英国風紳士が自分よりも低めの洞窟の前に行ったら、洞窟から小さな自分がひょっこり現れたというファンタジー作品。何かの小節のワンシーンなのか、入り口が雑に描かれていて分かり難いが鏡のようになっていて映されているのか、のどちらかだろう。両方とも「やぁ、来ましたな」という挨拶を発しているように見える。外側の紳士から見れば洞窟の奥に何があるのか不思議だし、洞窟側の紳士から見れば外の世界に興味津々だろう。その両方の世界どちらの視点も大切だというようなメッセージを感じずにはいられませんな。紳士の襟のヒラヒラや、パンタロンチックなパンツが洒落ているので今回の優秀作品に選んでみましたよ。(教頭)
 


5段階の星の数であなたの評価をお願いします。頂ける星数の★をクリックしてください。あなたの評価に祝福を。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (4 票, 平均: 5.00 out of 5)
Loading...

あなたの応援の1クリックが私たちの協会運営の糧です。クリックであなたに幸あれ(協会員一同)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. marinosuke より:

    >紳士の襟のヒラヒラや、パンタロンチックなパンツが洒落ているので今回の優秀作品に選んでみましたよ。

    し、審査基準がそこなんだ……  (@口@;)

  2. オカシック協会 より:

    ホッホッホ。それがオカキョウは独自の評価をすると言われる所以ですよ。(教頭)

コメントを残す