第64回カットコンクール優秀作品「甲羅干しonレインボー」

作品名:「甲羅干しonレインボー」
作者:ミゲール・マルチネス【ベネズエラ】

 ほほぅ。これは何とも驚きを隠せない作品ですな。年齢不詳な男性が虹の上で甲羅干しをするという壮大な作品。このカットからでは虹なのか橋なのか、飴なのかはさっぱり分かりはしないが、タイトルから虹を上から見た図なんだなぁという事だけは掴めますな。どのように虹に乗ったのかは不明だし、虹の描き方が虹均等法にのっとってないが、不可能を可能にする精神は立派ですな。なるべく太陽近くで日焼けをしたいという意図が明確であるが、肌が白いので強い日差しで十中八九真っ赤になるのが目に見えていますよ。下にはビルと山、湖、上には虹という現代の自然の姿を象徴している点にメッセージを感じたので今回の優秀作品にしました。(教頭)


5段階の星の数であなたの評価をお願いします。頂ける星数の★をクリックしてください。あなたの評価に祝福を。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (4 票, 平均: 5.00 out of 5)
Loading...

あなたの応援の1クリックが私たちの協会運営の糧です。クリックであなたに幸あれ(協会員一同)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す