第66回カットコンクール優秀作品「雨の家」

作品名:「雨の家」
作者:ハッサン・アマド【シリア】

 ほほぅ。これは伝統と自然を組み合わせた抜け目の無い作品ですな。雨粒が集まって家を作っているという様子で、雨が降るというシステムを利用して作り出した家。それは無常でもあり、瞬間に出来て消えていくという儚さを表しているようですな。それにしても、土台や大黒柱的な柱、内装、壁紙などはどうなっているのか、雨が降っていない時はどうなっているのかが気になりますな。雨粒の顔が皆同じであることから、皆同じところからやってきたのでしょうな。雨粒の眉毛がなんとも愉快なので今回の優秀作品にしたのですよ。(教頭)


5段階の星の数であなたの評価をお願いします。頂ける星数の★をクリックしてください。あなたの評価に祝福を。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 票, 平均: 5.00 out of 5)
Loading...

あなたの応援の1クリックが私たちの協会運営の糧です。クリックであなたに幸あれ(協会員一同)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す