第102回カットコンクール優秀作品「北斗七星的ボーリングボール」

bowling
作品名:「北斗七星的ボーリングボール」
作者:ウォン・コウウン【中国/福建省】

 型破りな魅力作品なり。一般的なボーリングボールは穴が3つ空いているものですが、これは7つも空いていて、しかも配置が北斗七星になっている点が魅力的なり。北斗七星を見ると地球世界にいた私が憧れを若干抱いていた、例の北斗と南斗のやつを思い出すのも魅力。一体どのように持って投げるのかは全くの不明で説明不足だが、実際に持って投げてみたくなるほどの魅力。東洋思想のチャクラの概念を象徴しているようでもあり、そのバランスを取る大切さと魅力も感じさせられますね。そんな魅力ばかりある点が魅力だったので、今回の優秀作品にしましたよ。(しのび君)


5段階の星の数であなたの評価をお願いします。頂ける星数の★をクリックしてください。あなたの評価に祝福を。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (あなたが最初の投票者になります♩)
Loading...

あなたの応援の1クリックが私たちの協会運営の糧です。クリックであなたに幸あれ(協会員一同)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す