第111回カットコンクール優秀作品「クールな馬」

horse

作品名:「クールな馬」
作者:ビクトル・ヴェインヘルマー【チェコ/プラハ】

 とんでもない作品が届いたものですな。タイトルの馬と書いていなければ、一体何なのか分からない程の雑さ加減がちょうどよい作品。一見、シマウマのように見えるが、よく見ると豹柄風な風貌よ。たてがみと尾っぽが実にクールさが出ていて、メタル的でもあるしビジュアル系的でもあるし、若干ロカビリー風な感じも出ているのが吉。きっとすごいリズムに乗って洒落たステップを踏んでいるのでしょう。その証拠によい笑顔。「さぁ、一緒に踊りましょう。踊ることは心身のバランスを楽しく取ってくれるのです。」と馬語を巧みに使って伝えているような味わい。斬新さに心を打たれたので、今回の優秀作品に出走が決まりました。(パンダ会長)


5段階の星の数であなたの評価をお願いします。頂ける星数の★をクリックしてください。あなたの評価に祝福を。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (4 票, 平均: 4.00 out of 5)
Loading...

あなたの応援の1クリックが私たちの協会運営の糧です。クリックであなたに幸あれ(協会員一同)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す