第129回カットコンクール優秀作品「うさぎハウス」

usagi_house

作品名:「うさぎハウス」
作者:ピーター・デビッドソン【イギリス/ニアソーリー】

 ほほぅ、これはファンシーな家ですな。うさぎ型のファンシーな家に、耳が長めのうさぎ的な服を来たサラリーマンかセールスマンな風貌の人物が帰ってきたと察しがつきますわい。それにしても長い耳ですな。耳にこだわりがありそう。私の風貌とも関連がある点が親近感よ。うさぎのヒゲの部分を巧みに活用し、洗濯物を干すという巧みの技が輝いている。よくみると、洗濯物の中にうさぎのかぶり物らしいものがある点からもうさぎ好きな側面が伺える。「一貫性を持っていればどんな場面に出会ったとしても自分らしくいれるものですよ。」というメッセージがファンシーさの中に表れている。全体的にファンシー&メルヘンさがある点と、うさぎハウスの耳の部分の構造がとても気になる点の合計2点で今回の優秀作品にしたのです。(教頭)


5段階の星の数であなたの評価をお願いします。頂ける星数の★をクリックしてください。あなたの評価に祝福を。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (3 票, 平均: 3.67 out of 5)
Loading...

あなたの応援の1クリックが私たちの協会運営の糧です。クリックであなたに幸あれ(協会員一同)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す