第139回カットコンクール優秀作品「サクランボの行進」

sakuranbo作品名:「サクランボの行進」
作者:ウレック・カルメーラ【トルコ/ギレスン】

 私があくびを豪快にしている間に地球とのコネクションが一時的に途切れてしまったようですわい。失敬しましたな。そして、この駄作中の駄作と一見思える作品を評価することになったのです。これはなんとも表現し難い作品が届いたものですわ。確かにサクランボっぽいものが描かれているが、行進しているのは特別な意識を持つサクランボから伸びたヘタによって作られた輪の中に表れた存在だ。サクランボが行進しているというよりは、サクランボの精霊がサクランボを足として行進しているような雰囲気がすごくするのは私だけだろうか。しかし、その顔を実に楽しげで陽気そのもの。「どんな時でも笑顔で陽気に、そして軽やかに歩いていきましょうや」という応援メッセージが込められいそう。そんな笑顔さとファンタジーさに一本取られた感が強いので今回の優秀作品にしたのですわ。(教頭)


5段階の星の数であなたの評価をお願いします。頂ける星数の★をクリックしてください。あなたの評価に祝福を。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (3 票, 平均: 5.00 out of 5)
Loading...

あなたの応援の1クリックが私たちの協会運営の糧です。クリックであなたに幸あれ(協会員一同)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. チコクロリン より:

    教頭先生、お久しぶりです。可愛いサクランボですね。昔、息子が1才の時にサクランボの種を鼻に詰め込んで奥まで吸ってしまい、、、泣き叫ぶという、、、素敵なメモリーがよみがえって来ました。
    さて、このサクランボ、特別な意識とやらが気になりますが、、 何よりその顔の楽しそうなこと!
    やはり、どんな時も笑顔で陽気に軽やかに過ごせるようになりたいものです。キツイ時はこのサクランボのゆる〜い笑顔を思い出したいと思います♫

  2. オカシック協会 より:

     これはどうもどうも。お久しぶりですな。元気にされておりましたかな?コメントありがとうございます。さてさて、そのお子様は実に勇ましいですな。その勇ましさに255点。
    やはり笑顔ですな。笑顔に幸あれ。(教頭)

コメントを残す