装身具 一覧

第120回カットコンクール優秀作品「サンタと僕」

double_boushi

作品名:「サンタと僕」
作者:ホム・ペソト【モルディブ諸島】

 しのび君がグルメツアーでまだ地球から帰ってこないのですね。なので久しぶり中の久しぶりで僕が批評させていただきますよ。まさに僕が批評するに相応しげな作品ですね。ほっぺが赤そうな少年とサンタクロースに見える人物がフィンランドの帽子職人の手によると思われる二人用サンタ帽子を一緒にかぶっている作品ですね。今の地球世界とは季節感はありませんが、とても微笑ましい作品です。しかし、サンタクロースにしては、なんか痩せこけているように見えるのは僕だけかな。もしかしたら、少年の痩せ気味の爺さんがサンタっぽくしているだけかもしれませんね。「一緒に帽子をかぶると温かみも倍になりますよ。」という共有することの醍醐味を伝えている作品ですね。少年が着ている服はフィンランドに行った人から貰ったお土産っぽい。ラップランド地方のシャーマンが描くトナカイのプリントがかわいいので、今回の優秀作品に決まりました。(サンタ)


5段階の星の数であなたの評価をお願いします。頂ける星数の★をクリックしてください。あなたの評価に祝福を。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (2 票, 平均: 4.50 out of 5)
Loading...

あなたの応援の1クリックが私たちの協会運営の糧です。クリックであなたに幸あれ(協会員一同)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

第106回カットコンクール優秀作品「マンダラマスク」

mandala_mask

作品名:「マンダラマスク」
作者:和歌ノ山薫【和歌山県/高野町】

 一体なんでこんな作品を選んだのかと思われても仕方がなさそうではあるが、季節感を感じさせてくれる神秘的日用品作品の一つだ。男性なのか女性なのか分からない中世的な人物がマンダラ的な絵柄が入ったマスクをしていますな。どことなく、着けている人も安心しているような印象を受ける。マンダラが描かれているので、きっとマスクの裏に深遠でありがたいお経のようなメッセージが書いてあるか、そちらとこちらを繋げる橋渡し的なエネルギーがあり、埃や花粉、ウィルスを多次元的に変換をし「無」にしてしまう効力があったり無かったりしそうだ。地球で流行ったキョンシー作品の導師の儀式に憧れを持った者が開発したに違いない。そんな憧れから現実化へと向かわせた力に感服をしたので、今回の優秀作品にした。(パンダ会長)


5段階の星の数であなたの評価をお願いします。頂ける星数の★をクリックしてください。あなたの評価に祝福を。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 票, 平均: 5.00 out of 5)
Loading...

あなたの応援の1クリックが私たちの協会運営の糧です。クリックであなたに幸あれ(協会員一同)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

第98回カットコンクール優秀作品「だんごwithリボン」

image
作品名:「だんごwithリボン」
作者:クララ・ヨーデルク【スイス/チューリッヒ】

 これはなかなかメルヘンな作品だ。だんごにかわいらしいリボンがさりげなく付けている。リボンを付けたことで、エレガントでポップなだんごになっている感が強く出ている。実際に食べる時に、だんごの粘着具合によってリボンにくっ付き、ややこしくなりそうな気配はあるものの、そんな事はどうでもよくなる程のポップ&キュート感がたまらない。きっと和風に拘らず、チーズ味だったりイチゴ味だったり、フォンデュ用に使ったりするのだろう。「どんなものでもアイデア次第。想像力から創造が生まれるものだ。」というメッセージがリボンに書いてありそうな勢いがナイス。串がしっかりとしていて安定感が抜群なので今回の優秀作品にした。(パンダ会長)


5段階の星の数であなたの評価をお願いします。頂ける星数の★をクリックしてください。あなたの評価に祝福を。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 票, 平均: 5.00 out of 5)
Loading...

あなたの応援の1クリックが私たちの協会運営の糧です。クリックであなたに幸あれ(協会員一同)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

第84回カットコンクール優秀作品「雨の日のターバン」

作品名:「雨の日のターバン」
作者:マイケル・ジョンソン【アメリカ/ニュージャージー州】

ターバンを巻いて雨の日に外にいるというナイスガイな作品なり。ターバンということはインドに興味がある少年である可能性が高いですね。しかし、ターバンがインド料理のナンに見えてしまい、雨に濡れてしまったら熱々のナンが硬くなってしまうのではないかというヒヤヒヤさせる点がまさにアドベンチャー。「雨に濡れたって、僕のターバンはへっちゃらさ」というキザなようでクールさが表れていて、雨さえも楽しんでしまうという遊び心とチャレンジ精神が粋の一言なり。ターバンの形がロカビリーな髪型を連想させ、ターバンとロカビリーの二重の楽しみがある点がお得なので、今回の優秀作品に決定しました。(シノビ)


5段階の星の数であなたの評価をお願いします。頂ける星数の★をクリックしてください。あなたの評価に祝福を。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 票, 平均: 5.00 out of 5)
Loading...

あなたの応援の1クリックが私たちの協会運営の糧です。クリックであなたに幸あれ(協会員一同)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

第83回カットコンクール優秀作品「キャンプwithドルフィン」

作品名:「キャンプwithドルフィン」

作者:ステファン・ハミッド【スウェーデン】

ほほぅ、これはドラマチックな癒し系作品ですな。イルカと一緒に暮らしたいという夢が実現したようなナイス作品ですな。イルカと一緒に海の中でキャンプで暮らすという何とも大胆な企画を、企画倒れ無く実現した大胆作品。一見、祠の中にいるように見える点は否めないが、しっかりと海の中にテントを立て、海の中でも息が出来る海中服的な画期的な装置を身に着けるという現実的であり、また現代の科学の進歩も垣間見れる。その気持ちが、海中服に印字されたNICEというプリントにも表れているようですな。そして、イルカの遊び心をくすぐるバブルリングを巧みに作り出し、イルカと一緒に遊ぶという企画もグッド。イルカ達のバブルリングに対する気持ちが半端無いという情熱心を感じさせる点が高評価。この作者は第6回第51回にもキャンプ作品で選出されていますな。そんなキャンプ魂とも言える情熱な一貫性と斬新な企画ぶりに感服したので、今回の優秀作品に選出したのですよ。(教頭)


5段階の星の数であなたの評価をお願いします。頂ける星数の★をクリックしてください。あなたの評価に祝福を。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (2 票, 平均: 5.00 out of 5)
Loading...

あなたの応援の1クリックが私たちの協会運営の糧です。クリックであなたに幸あれ(協会員一同)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

第56回カットコンクール優秀作品「米と海草の宝飾品」

作品名:「米と海草の宝飾品」
作者:ナイル・ホヒ【エジプト】 

 パーティー感覚が続きそうな作品ですな。米と海草の宝飾品が古代の遺跡から発見された事を祝ったのだろうが、どう見ても日本の握り飯をただ繋げたアクセサリーにしか見えない。実際にあれば大きな宝飾品だが、これはきっとエジプト文化にいた民のサイズの大きさを表しつつ、日本文化との繋がりをも象徴的に描いた駄作に見える傑作だ。実際に作りたてのものがあるのであれば、是非身に着けて、その温かみ、もしくは熱みを体感したくもなる。それぞれの中の具として「梅」「鮭」「おかか」というスタンダードナンバーから、「カレー」「ピラフ」「エジプト風コロッケ」「エジプト風煮物」等珍し系アイテムなども考えられる程、見た者の創造力を掻き立てるので今回の優秀作品に即決定しました。(パンダ会長)
 


5段階の星の数であなたの評価をお願いします。頂ける星数の★をクリックしてください。あなたの評価に祝福を。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (2 票, 平均: 5.00 out of 5)
Loading...

あなたの応援の1クリックが私たちの協会運営の糧です。クリックであなたに幸あれ(協会員一同)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

スポンサーリンク