第116回カットコンクール優秀作品「ダブル太陽」

double-sun

作品名:「ダブル太陽」
作者:ロドニー・アルジャイズ【プエルトリコ】

 こりゃまたシンプルで摩訶不思議な作品が届いたものですな。これぞ満面の笑みと言える山に、二つの太陽がある。向かって左はよくありがちなあの太陽の絵柄で、向かって右の太陽は何か西洋的な太陽を描いているような雰囲気が大きい。いずれにせよ、二つの太陽が自慢の山という感じだし、華がある。日が昇ったと思ったら、片側では日が沈むという神秘的な現象を描いているようだ。それはこの絵だけでは伝わり難いチープさがあるが、お彼岸的な地球次元と第五次元世界とのゲートを繋げている象徴のようで頼もしいですわ。満面の笑み度と頼もしさ度のバランスがすばらしいので今回の優秀作品にした。(パンダ会長)


5段階の星の数であなたの評価をお願いします。頂ける星数の★をクリックしてください。あなたの評価に祝福を。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 票, 平均: 5.00 out of 5)
Loading...

あなたの応援の1クリックが私たちの協会運営の糧です。クリックであなたに幸あれ(協会員一同)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す