第15回カットコンクール優秀作品「4次元の紙」


作品名:「4次元の紙」
作者:マイク・ストラ【アメリカミズーリ州】

なんとなく東洋的な思想を取り入れているような作品で、深いのか浅いのか微妙な作品。はじめて見たときは駄作のようないい加減さを感じたが、よくよく見ていくと確かにタイトル通りなイメージがフツフツと沸いてきます。イメージ的には4つの面に世の中を描いているようなのですね。実は地球だけではなくて、様々な世界が存在しているんですよ、というメッセージを伝えようとしている感じが受け取れるような気がします。そう見てくると赴きがあるようにも感じられるなり。見方を変えればいろんな世界があるんですよ、という多次元的な世界観を持っている作品のようにも思いますね。駄作か傑作かの境目というところがユニークで、今回の優秀作品に選びました(シノビ)


5段階の星の数であなたの評価をお願いします。頂ける星数の★をクリックしてください。あなたの評価に祝福を。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (あなたが最初の投票者になります♩)
Loading...

あなたの応援の1クリックが私たちの協会運営の糧です。クリックであなたに幸あれ(協会員一同)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す