第53回カットコンクール優秀作品「蟹隠れ」

作品名:「蟹隠れ」
作者:ヴィクトール・カニン【オーストリア】

ほほぅ。これは自然の摂理を描いているような作品ですな。三日月の夜になるとナンに隠れる蟹がいましたよ、という事を報告している報告作品ですな。それか、作者はシノビ君のように忍者に憧れを持っていて、忍者の技を蟹という小動物に適応させたあの忍者小動物法の手法を用いているようでもある。もしくは、インド好きな作者が焼きたてのナンを蟹の隠れ家に使ってはどうだい?という提案をしている作品なのかもしれない。いずれにせよさっぱり意味が分からないのが魅力で、何らかのメッセージを含んでいるようなクイズ的作品とも言える。ほんのりと甘みがありつつ、しつこくない味のアツアツのナンは魅力的なので今回の優秀作品に選びましたよ。(教頭)


5段階の星の数であなたの評価をお願いします。頂ける星数の★をクリックしてください。あなたの評価に祝福を。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (2 票, 平均: 5.00 out of 5)
Loading...

あなたの応援の1クリックが私たちの協会運営の糧です。クリックであなたに幸あれ(協会員一同)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す