第84回カットコンクール優秀作品「雨の日のターバン」

作品名:「雨の日のターバン」
作者:マイケル・ジョンソン【アメリカ/ニュージャージー州】

ターバンを巻いて雨の日に外にいるというナイスガイな作品なり。ターバンということはインドに興味がある少年である可能性が高いですね。しかし、ターバンがインド料理のナンに見えてしまい、雨に濡れてしまったら熱々のナンが硬くなってしまうのではないかというヒヤヒヤさせる点がまさにアドベンチャー。「雨に濡れたって、僕のターバンはへっちゃらさ」というキザなようでクールさが表れていて、雨さえも楽しんでしまうという遊び心とチャレンジ精神が粋の一言なり。ターバンの形がロカビリーな髪型を連想させ、ターバンとロカビリーの二重の楽しみがある点がお得なので、今回の優秀作品に決定しました。(シノビ)


5段階の星の数であなたの評価をお願いします。頂ける星数の★をクリックしてください。あなたの評価に祝福を。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 票, 平均: 5.00 out of 5)
Loading...

あなたの応援の1クリックが私たちの協会運営の糧です。クリックであなたに幸あれ(協会員一同)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す