第49回カットコンクール優秀作品「ビート」


作品名:「ビート」
作者:ケネス・ヒューイ【アメリカ/ケンタッキー州】

これはまさにビートが響く作品だ。誰の足なのか分からないし、年齢も不詳だが何やらビートが響く活動を上でやっている。一般的な発想ではダンスや踊念仏的な動きになるだろうが、他の可能性としてはソバ打ちやウドン打ち、高飛びの練習、空を飛ぶ練習、川を越えようとする瞬間、高いところにあるものをヒョイッと取った瞬間、単なる地団駄などの可能性が考えられるが、いずれにせよ大地の中にいるものはその音を楽しんでいるようだ。これは大地の精霊なのかもしれないが、地球の音をヘッドフォンで楽しんでおられる。「どんなビートも大地に響いて世界に浸透しているんですわい」という余裕な発言が聴こえてきそうだ。上の者の足が若干細いのが気になるが、靴下の長さが絶妙にちょうどよさげなので、今回の優秀作品にしたのですわ。(パンダ会長)


5段階の星の数であなたの評価をお願いします。頂ける星数の★をクリックしてください。あなたの評価に祝福を。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (3 票, 平均: 5.00 out of 5)
Loading...

あなたの応援の1クリックが私たちの協会運営の糧です。クリックであなたに幸あれ(協会員一同)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す